메뉴 바로가기 본문 바로가기

コミュニティ

仁川ニュース

800病床規模の松島セブランス病院、2026年開院

未来医療パラダイムをリードする精密医療病院を目標

 

松島セブランス病院が着工され、医療定着条件の改善と松島バイオクラスター産学研病生態系の構築に大きく貢献すると期待される。

 

仁川経済自由区域庁は昨年 12 28 日、松島国際都市延世大学校国際キャンパス内の新築病院敷地(松島洞松島科学路 85) で、延世大学校医療院主催で松島セブランス病院着工式が開催された。

 

仁川経済自由区域庁は昨年 12 28 日、松島国際都市延世大学校国際キャンパス内の新築病院敷地(松島洞松島科学路 85) で、延世大学校医療院主催で松島セブランス病院着工式が開催された。

 

この日の行事には、劉正福仁川市長、ホシク仁川市議会議長、チョン・イルヨン国会議員をはじめ、キム・ジンヨン仁川経済自由区域庁長、ホ・ドンス延世大学校理事長とソ・スンファン総長、ユン・ドンソプ医療院長、バオ企業及び地域住民代表など 250 人余りが参加して着工を祝った。

 

松島セブランス病院は、松島延世大学校国際キャンパス内の新築病院敷地( 8 5800 ㎡)に地上 15 階、地下 3 階、 800 病床規模で建立される予定で、 2026 12 月開院が目標だ。昨年 2 月から病院建築設計に着手し、最近建築許認可を取得して、今回着工式を行った。

 

松島セブランス病院は、人工知能( AI )とビッグデータなどの先端技術を組み合わせ、患者に最高の医療サービスを提供し、先端誘電体基盤の医療などを実現して、未来医療のパラダイムを先導する精密医療病院を実現する計画だ。

昨年 12 28 日に松島で開かれた「松島セブランス病院」着工式では、延世大学校の関係者及び来賓らが出席し、着工セレモニーを行った。

 

特に松島バイオ分野の研究機能を備えたバイオ産業化拠点病院としての役割も果たす。延世サイエンスパーク事業と松島地域に集積した屈指のバイオ企業及びインフラ、国内外の大学・研究所・製薬会社・バイオ企業と連携した産学研病協力モデルを構築し、バイオヘルス融合研究などを通して K- バイオをリードするバイオクラスター内で核心的役割を果たすと期待される。

 

仁川経済庁は、松島セブランス病院が今後、本格的に運営される場合、シナジー効果が最大化され、仁川が、 バイオ医薬品生産基地、 バイオ・医療研究所、 人材養成など 3 拍子を揃えた世界的なバイオクラスターとして生まれ変わることを期待している。

KOGL
KOGL: Source Indication (Type 1)

이 게시물은 "공공누리"의 자유이용허락 표시제도에 따라 이용할 수 있습니다.

前へ
中国への前進基地、新拠点のIFEZ仁川館
次へ
データがありません。